スカイチケット(Skyticket.jp)の評判・口コミから安全性を徹底評価してみる

スカイチケット(Skyticket.jp)の評判・口コミ

インターネットで格安航空券を探していたり、テレビCMで見かけたりして「スカイチケット(Skyticket.jp)」を知った人が多いようです。

スカイチケットは「安さ」が売りの旅行サイトで、国内航空券やレンタカーなどの旅行商品が格安で予約できる特徴があります。

露出も増えていて、2018年11月時点では、女優兼ファッションモデルの「玉城ティナ」が出演しているスカイチケットのCMがテレビで大々的に大々的に放映されています。

そのため、旅行好きの人の間ではスカイチケットの知名度は急上昇しています。

しかし、実際のところ、スカイチケットを利用しても大丈夫なのか?

そこで、このページでは、格安航空券を販売する「スカイチケット(Skyticket)」の評判・口コミをまとめ、総合的に評価します。

「スカイチケット」の公式サイトはこちら

スポンサーリンク

スカイチケットの運営会社「株式会社アドベンチャー」とは?

スカイチケットの運営会社「株式会社アドベンチャー」

まず、スカイチケットの運営会社の信頼性を検証してみます。

スカイチケットの運営会社は、「株式会社アドベンチャー」です。旅行系の事業を中心に展開している会社で、スカイチケット以外にも「Wannatrip」などのサービスを国内・海外向けに提供しています。

アドベンチャー社は、2014年に東京証券取引所マザーズ市場に上場を達成しています。厳しい審査を通過できたために上場できているわけで、信頼性が高いといえます。

参考:東京証券取引所マザーズ市場上場のご挨拶|株式会社アドベンチャー Inc.

スカイチケット(Skyticket.jp)の評判・口コミのまとめ

次に、実際にスカイチケットを利用したことが50人の方にアンケートを行い、評判と口コミを集めてみました。

まずは、悪い評価から見ていきましょう。

どんなサービスにも不満を持つ人がいることを忘れないようにしてください。完璧なサービスは存在しません。「悪い評価が1つあったから利用するのは止める」と決めてしまうのはよくありません。

悪い評判・口コミ

  • 公式サイトに提示されている航空券の値段に、税金やその他諸税がふくまれておらず、会計時に表示金額以上を払わないといけない点が不満
  • 座席指定は不可だったことが残念
  • 全く耳にしたことがない旅行サイトだったので、初めて利用した時は安いだけに搭乗するまで何となく不安だった

  • 特にありませんでした

スカイチケットの悪い評判の数自体は、それほど多くはありません。一部、「公式サイトで表示される金額と会計時に表示される金額が違う」点に不満を持つ人がいるようでした。

スカイチケットの公式サイトでは、最初に「航空代金」だけが表示され、決済に進むと「航空券代金」に「取扱代金(事務手数料)」や「諸税(※燃油等込み)」などを加わった料金が表示される仕組みになっています。

確かに、最初から合計の金額を表示して欲しいですよね。けれど、取扱代金や諸税はそれほど高い金額でもないので、あまり気にする必要は無いのかもしれません。

また、「座席指定が不可」であることに不満を持つ人も一部いました。

スカイチケットは公式サイト上では座席指定できません。しかし、国内航空券の場合、Skyticket.jpまたは航空会社に問い合わせれば可能です。海外航空券の場合も、航空券会社に問い合わせれば可能です。

参考:Q・座席の指定はできますか?|Skyticket.jp

つぎに、スカイチケットを実際に利用した人から良い評判・口コミを見ていきます。

良い評判・口コミ

  • 航空券を航空会社のサイトで購入するよりも安く買えた
  • 特に飛行機は値段重視で選ぶことが多いので、安い航空券を簡単に見つけられる点が良かった
  • 帰省のチケットを探していたところ、公式サイトより安く手配できました
  • メールなどのレスポンスが早かった
  • 搭乗日までギリギリでしたが、価格が正規で取るよりも安かったので良かった
  • 格安航空券を探していて、割と近い日程の航空券でも購入でき、マイルも付けることができた

圧倒的に多かった意見が「航空券が安く買えた」です。利用者の中には、「航空会社で購入するよりも安かった」経験をした人もいます。

スカイチケットでの航空券が格安である要因には、「株主優待割引」と呼ばれる独自の割引制度の存在が大きいです。株主優待割引は、スカイチケットの運営側が所有している株主優待券を用いた割引です。

参考:Q・当日まで予約可能な航空券の株主優待割引とはなんですか?|Skyticket.jp

航空会社の株主優待券を保有していない我々利用者が、通常価格よりも安価な優待価格で航空券を購入できる優れた割引制度といえます。

しかも、株主優待割引で購入した航空券は当日まで予約変更が可能であるので、急な日程変更にも対応できます。

株主優待割引を利用できる航空会社は、今のところ、全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)です。けれど、スカイチケットは、ピーチ航空やバニラエア、ジェットスター、春秋航空日本などのLCCの格安航空券も豊富に取り扱っています。

つまり、スカイチケットでは、大手航空会社の航空券が株主優待割引で安く、LCCの格安航空券も豊富であるため、全体的に格安な航空券ばかりなのです。

総合的なスカイチケット(Skyticket.jp)の評価

実際にスカイチケットを利用した人の意見をまとめると、

公式サイト上の表示金額と最終的な合計金額が違っている点や、一部の航空券の座席指定ができない点に不満を感じるけれど、圧倒的が航空券の安い点は魅力的、となります。

実際、今回アンケートを実施した結果、「またスカイチケットを利用したいか?」の問いに対して、30人中27人が「また利用してみたい」と回答しました。

また、スカイチケットの運営会社が上場している一流企業であることからも考えて、信頼性・安全性もあるといえます。

私自身も、国内出張でLCCの航空券を予約する際はスカイチケットを頻繁に利用しています。トラブルになったことも一度もなく、格安に出張できています。まれにスカイチケットは割引クーポンも配布しているので本当に安く航空券を買えるので嬉しいです。

やはり、「安さ」に勝る魅力はないですよね。

スカイチケット(Skyticket.jp)で安い航空券を予約するする方法

さいごに、スカイチケットで格安航空券を見つける方法を紹介します。

「スカイチケット」の公式サイトはこちら

株主優待割引の航空券を探す方法

国内航空券を検索すると、入力した検索条件に一致した航空券が一覧表示されます。このとき、下の画像のように、絞り込み条件に「変更可/不可を表示」と「日本航空、全日空」を設定してください。

スカイチケットで株主優待割引の航空券を探す方法

すると、「株主優待割引」に該当する航空券が表示されます。これで簡単に航空会社の正規料金よりも安い航空券を見つけられます。(※海外航空券には、株主優待割引の対象の航空券はありません)

LCCの航空券を探す方法

同様に、絞り込み条件で「ジェットスター、ピーチ」などの格安航空会社を設定してください。すると、LCCの航空券だけが表示されます。

スカイチケットでLCCの航空券を探す方法

スカイチケットは航空券が安く人気の旅行予約サイトであるため、圧倒的に安い航空券はすぐに売り切れてしまいます。

旅行や出張が決まっているのなれば、格安の航空券が売り切れてしまう前に、できるだけ航空券を予約した方がいいですよ。

スポンサーリンク

フォローする