バック一つの海外旅行が快適。荷物を減らす方法

海外旅行 荷物 減らす

無駄な荷物をかかえた海外旅行は止めにしませんか?

 

海外旅行にたくさん荷物を持っていくけど、全く使わなかった荷物ってけっこう多くあります。

 

増えてしまいがちな荷物を一度見直せば、大幅に荷物を減らすことができるかもしれません。

先日、最小限まで荷物を減らして、小さなバック一つで海外旅行をしてみましたが、不自由なことは何もなく、思った以上に快適でした。


スポンサーリンク

荷物を減らすメリット

バッグ一つだけで海外旅行してみて感じたことは、素晴らしくストレスフリーということ。

 

移動がラク

スーツケースをひいて移動する必要がないので、歩くときも、タクシーに乗るときもラク

それに、チェックアウト後、ホテルに荷物を預けて、また取りに戻る、といった煩わしさもありません。

 

到着後すぐに移動可能

空港の荷物のピックアップってけっこう待つんですよ。せっかく出国審査をすんなり抜けれても荷物は誰よりも遅く出てきたり・・。

でも、手荷物を預ける必要がないのなら、到着後は出国審査・税関が終わったらすぐに移動できます。タクシーを利用したり、両替したい人は、混む前に利用ができるので、さらに良いと思いますよ。 (※ホテルによっては、荷物を預けるだけでお金を請求するところもあります)

 

受託手荷物の料金が不要

荷物を預けないため、もちろん料金はかかりません。

LCC(格安航空会社)では、機内持ち込み荷物の制限が厳しくなってきているため、重要なポイントです。

 

持ち物を把握しやすい

荷物を減らして一番感じたことが、持ち物を把握しやすく、安心感があること。

私は心配症なため、ホテルをチェックアウトするときに忘れ物がないか?とすごく不安になっていました。けど、持ち物を最小限すると、何が足りないか?がすぐにわかるため、以前ほど不安は感じなくなりました。

 

荷物を減らすコツ

海外旅行 荷物 減らす

↑ バンコク旅行で持って行った荷物(※パソコンは撮り忘れた)

 

海外旅行に行ったことのある人ならわかると思いますが、持って行っても使わない荷物は意外と多いです。

服、下着、タオル、ガイドブック、カメラ、薬、 シャンプー&リンス、歯ブラシ・・・。

荷物を減らす最大のコツは、必要なものは、現地調達することです。

 

衣類

とくに衣類。

荷物の大部分を占める服や下着を減らすことは、大きく荷物を減らすことにつながります。

 

服や下着は、現地で着る分を全て持って行こうとはせず、現地のスーパーやデパート、おみやげ屋で買い足すことを想定して持って行くと良いです。

ユニクロや無印良品のように、世界に進出している企業もあるため、日本で売られているものと同じものが買えるし、市場で買えばお土産にもなります。

 

また、着ていく&持っていく服や下着を捨てても良いものにすれば、帰りも荷物が少なくラクです。

 

その他

シャンプーやリンス、洗顔料、歯ブラシなどホテルで調達できるものは、持っていきません。安いホテルにはありませんが、僕ならホテルをそこそこ良いホテルにして、荷物を減らしますね。

 

ガイドブックなど電子化できるものは電子化して、スマートフォンやタブレットで見れば荷物が減ります。

 

 

できる限り現地調達するように考えていくと、持っていくべき荷物は限られてきます。

僕の場合なら、パソコンや一眼レフ、コンタクトレンズとかですね。それらの荷物だけが入るバッグに詰めていけば、荷物を最小限にした、快適な旅の準備がOKです!

 

さいごに

できる限り現地で調達。代えがきかないものだけ持っていく。

 

 

以上、海外旅行で荷物を減らる方法のご紹介でした:^)

スポンサーリンク

フォローする

この記事を書いた人
ヨウ
このサイト「RESTARTLOG」の運営者。おすすめのホテルやお得なクーポン・キャンペーンを紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。
バック一つの海外旅行が快適。荷物を減らす方法
この記事をお届けした
「RESTARTLOG」の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!