ミャンマー・ビザの有効期限内でも再入国する場合は再取得が必要

Medium 8367844580

今年7月に初めてミャンマーに訪れてみたらとてもこの国を気にいったので2ヶ月後の9月、再度ミャンマーを訪れてみました。

ミャンマーの観光ビザ(ツーリストビザ)の有効期間は3ヶ月。今回の9月のミャンマー訪問はこの3ヶ月以内に収まっているので、観光ビザの再取得は不要なのか?を確認してみました。

結果は、有効期間内の再入国する場合でもビザの再取得が必要、ということでした。

photo credit: DennisSylvesterHurd via photopin cc

スポンサーリンク

ミャンマーの大使館に電話して聞いてみた

ミャンマーのビザ申請要項のページを見ても詳細な記載がなかったので大使館に直接電話して聞いてみました。

ミャンマー連峰共和国大使館

(住所)〒140-0001 東京都品川区北品川4-8-26

(TEL) 03-3441-9291

何度か電話をかけようやくつながり、おそらくミャンマー人と思われる担当者より流暢な日本語で回答いただきました。

どんな場合でも入国する度にビザの取得は必要ということでした。

2014年9月よりオンラインで観光ビザの申請が可能に

入国の度にビザを取得するのはとても面倒くさいですが今年9月よりオンラインでEビサの申請が可能になっています。(参照:ミャンマーの観光ビザ、9月1日よりオンラインで取得可能に|アジアトラベルノート

ミャンマーのEビサの申請は以下より。

http://evisa.moip.gov.mm/

Myanmar_visa01

↑2014年7月に旅行代理店を通して大使館で取得したミャンマーの観光ビザ

Myanmar_visa02

↑2014年9月にオンラインで取得した観光ビザ(Eビザ)

オンラインでの観光ビザを取得してみた感想としてはとてもスピーディーで便利だったということ。私の場合は9/4(木)に申請して9/9(火)にはビザのレターが送られてたのでかかった日数はたったの3営業日。ミャンマーのビザの取得を代理店に頼んだり、大使館に郵送したりすると2、3週間かかってしまいます。

値段もEビサの場合は50ドル(クレジット払い)。日本で大使館に郵送して取得すると3,000円+郵送料なので妥当。代理店を通すと手数料が発生して合計で10,000円近くしたりするので値段的にもお得です。

 

最後に

個人的にはミャンマーは外貨の獲得に必死になっているのだからもっとミャンマーに行きやすいように環境を整備して欲しいところ。ビザが不要になると一番嬉しいですね。

スポンサーリンク
hotelsdotcomcoupon2016112102

フォローする

この記事を書いた人
ヨウ
このサイト「RESTARTLOG」の運営者。おすすめのホテルやお得なクーポン・キャンペーンを紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。
ミャンマー・ビザの有効期限内でも再入国する場合は再取得が必要
この記事をお届けした
「RESTARTLOG」の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!