台北・松山空港で中華電信の4G LTEのプリペイドSIMカードの購入方法

台湾 simカード

台湾の台北・松山空港では、中華電信のプリペイドSIMカード(3G)が購入可能。

 

また、2015年6月2日より、4G LTE対応のSIMカードも購入できるようになりましたので、台北でもインターネットを使いたい人のために、SIMカードの購入方法を紹介します。


スポンサーリンク

台湾・松山空港(松山機場)でのSIMカードの購入

入国審査を終え、預けた荷物を受け取ったら、左へ進んで行くと、中華電信(Chunghwa Telecom)のお店があります。

台北 SIMカード

 

SIMカードを購入する人が増えたためか、いつからか整理券を配るようになりましたので、整理券を取り、順番を待ちましょう。

 

受付カウンターでは、料金プランの説明が分かり易く記載されていました。店員さんは片言の日本語を交えながら説明してくれるので、英語が苦手という方でも問題ないと思います。

台湾 松山空港 SIMカード 設定

 

料金プランは以下の通り(※2015年2月時点)。

外国人向けのプリペイドSIMカードでは、未だ4G(LTE)に対応したものが販売されていませんので3G通信のみになります。

(※後述しますが、4G LTE対応のSIMカードの販売も始まりました。)

 

日数 データ通信+通話 データ通信のみ
1日 300元(通話250元分)
500元(通話500元分)
100元
3日 300元(通話300元分)
500元(通話500元分)
250元
5日 300元(通話50元分)
500元(通話300元分)
300元
7日 500元(通話150元分)
1000元(通話880元分)
450元
10日 500元(通話100元分)
1000元(通話830元分)
500元
15日 1000元(通話630元分) 700元
30日 1000元(通話430元分) 900元

  

私は1週間の滞在だったので、7日間データ通信+通話の500元のプランにしました。

結果的には、使い切ることなく十分でしたね。

 

プリペイドSIMカードの購入には、パスワードの提示と書類へのサインのみが必要

iPhoneやAndroidの設定は店員さんがやってくれます。

台湾 simカード

 

台湾に来る時は、いつもここの中華電信でプリペイドSIMカードを購入していますが、店員さんの応対も良く、手続きも設定もすぐに終わるので好印象です。

 

台北市内で使った感想ですが、途切れて使えない…というような事はありませんが、普段、日本でLTEを使っていると3Gは遅く感じるかもしれません。

 

動画サービスなどを利用しなければ問題ないと思いますので、現地での連絡手段の確保、LINEやTwitter、Facebook用に利用したい人におすすめです。

 

4G LTE対応のSIMカードの購入(※追記)

2015年6月2日より、松山空港をはじめ、桃園、台中、高雄において、中華電信にて4G LTEのSIMカードが発売されています。

 

価格は以下の写真の通り。(※2015年8月末時点)

台北 SIMカード

 

3Gと比べても、料金に大きな差はありません。

日数 データ通信+通話
3日 300元(通話100元分)
5日 300元(通話50元分)
500元(通話300元分)
7日 500元(通話150元分)
10日 500元(通話100元分)
15日 700元(通話100元分)
800元(通話250元分)
30日 1000元(通話430元分)

 

4G LTEのSIMカードの購入についても、設定は店員さんにお任せOKですし、パスポートの提示と書類へのサインだけで購入できます。

 

4G LTEのエリア対象外では、3Gネットワークが利用できますので、4G LTE対応版のSIMカードを購入しておけば間違いありません。

 

さいごに

SIMカードは市内でも購入可能ですが、日本語が通じるので、松山空港で購入しておくとラクです。値段も高くありませんので、購入することをオススメします。

 

台湾旅行を検討されている方へ 

他にも台湾に関する情報をまとめていますので、どうぞご参考に。

 

スポンサーリンク

フォローする

この記事を書いた人
ヨウ
このサイト「RESTARTLOG」の運営者。おすすめのホテルやお得なクーポン・キャンペーンを紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。
台北・松山空港で中華電信の4G LTEのプリペイドSIMカードの購入方法
この記事をお届けした
「RESTARTLOG」の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!